工事価格値上げについて

平素は格別のご高配を賜りありがとうございます。

 さて、昨今の原油価格高騰による原料価格値上げが続いており内装材料におきましても各メーカーの材料価格が値上げされております。弊社におきましてはできるだけ価格の上昇を抑えるべく努力はしておりますが、継続的にお客様に安定した内装工事を提供させて頂けるように工事価格を値上げさせて頂いております。                弊社が取扱いをしております内装材料につきましては、壁紙、床材ともに塩化ビニルを主原料としている材料がほとんでございます。塩化ビニルにつきましては、塩素とエチレンが主原料となります。エチレンは原油からつくるナフサが主原料で塩素は工業塩を電気分解することで得られます。原油高によりナフサ自体も高くなり加工するための燃料価格も高くなっており二重のコストアップとなっております。                                               この他にも、塩ビ樹脂を柔らかくするための可塑剤やカーペットなどに使われるナイロンなども軒並みに高騰しております。                                                   また、我々内装業界の流通はメーカーや卸店の努力により早い物で発注当日に、通常で翌日には指定先に配達されます。燃料高によりこの流通の維持も難しくなってきております。                                                                          施工面におきましても若年技能者の入職は少なく、入職者がいても継続していないのが実情です。昔は一人親方が弟子をとり育成していましたが、今の親方には経済的にそれだけの余力はございません。弊社におきましても技能者を育成すべく採用と教育のできる体制を整えるべく努力をさせて頂いております。                      このような実情により、お客様へ継続して安定した内装工事を提供できることを目的として工事価格の値上げをさせて頂いております。 

                                                                             今後もお客様に快適な空間を提供できるように全社一丸となり努力をさせて頂きますのでどうぞよろしくお願いいたします。

 

株式会社マルケン装飾

代表取締役社長 岡田展政